タグ・アーカイブ: 小説

トマス・ハリスの「レッド・ドラゴン」(新訳版)を読みましたのでその感想を書きたいと思います。
ただし、この作品を読もうと思っている人は(ネタバレはしない程度に書いたつもりですが)以下の私の感想や他のレビューは読まないことを強くお勧めします。

…続きを読む

平山瑞穂氏著「愛ゆえの反ハルキスト宣言」という本を図書館で見つけました。
冒頭だけ読んだのですが、この本に書かれていることがまさに自分とそっくりで膝を叩いて快哉を叫びたくなりました。
そのまま借りて全て読みたかったのですが、涙を呑んで思い留まったのは最新の「騎士団長殺し」までを網羅してネタバレを含んで書かれているためでした。
自分で全部読んでない本を紹介するのは躊躇われるのですが、村上作品を全て読んでいる、またはネタバレを恐れない同じ思いの同士に向けて書きたいと思います。

…続きを読む