未分類

北朝鮮から今にもミサイルが飛んで来るかも知れないという状況である現在、災害用品を念のためチェックしました。

その前に災害用伝言板サービスの確認です。
何と言っても家族にIT知識がない場合、災害用伝言板をどう認知させるかという問題を解決するために、使用キャリアの伝言板の使い方のページを印刷して避難用品袋に入れておくことにしました。

試してみよう「災害用伝言板」、格安スマホで使える方法も

ちなみに某M知事が作らせたというとても参考になる「東京防災」はKindle版として無料で入手可能ですね。

さて防災用品ですが、あれもこれも入れると結構な重量になって、とても担いで避難できないのが困りますね(笑)。
水は必需品として、乾パンや缶入りパンなどの食料、バンドエイド、サバイバルシート、レインコート、ラジオやLEDライト付き手回し発電機とか、お皿の上に置くことで洗わずに何度も使えたり、保温や止血など応用範囲が広いということでサランラップ等々入れ出すと切りがありません。

まあ、ドカーンとパッケージングされた防災セットを買ってしまえば良いのでしょうけどね。

上記の防災セットにないものとして、モバイルバッテリーがありますね。それはこちらこちらで記事にしましたけど、ラジオだけでなく、ワンセグもあった方が良いのではないかと思います。
パケット通信は混雑時には弱いですからね。
最近はグローバル版またはそれに近いSIMフリースマホを使っている人も多いでしょうから、そういう場合ワンセグ機能がないですよね。思わず別な場所で暮らす親族に以下のワンセグが視聴できるデバイスを勧めてしまいましたよ。

iPhone用にフルセグチューナー機能をプラス

こちらの方が外部バッテリーにもなって良さそうなので、これを特にお勧めしました。

単独でAM/FMラジオ付きワンセグも良いかも知れない。

なんにせよミサイルの標的にならないで済めばそれが一番ですけど、単純な話ではないですからねえ。
地震だっていつ来るか分からないので、日々できるだけの準備はしたいものです。

久しぶりに(比較的新しい)小説を読んだので感想など書きます。
この本を読んだのは何かの本で勧められていて、タイトルが印象に残っていたのでたまたま図書館にあるのを見つけて読み始めたのですが、最初は読みづらくて仕方ありませんでした。
得なくスペイン語のルビが多すぎるのです。ここで必要?と思えるような箇所でも、まるでスペイン語を読者に教育したいのではないかと思えるような頻繁さでルビが振ってあります。最初ウィリアム・ギブスン「ニューロマンサー」の黒丸尚に憧れてルビを振るのがカッコいいと勘違いしてるんじゃないかとも考えました。アレルギーを起こす人と絶賛する人と両極端に別れる黒丸訳ですが、僕はあの役は絶賛する立場とはいえ、これは受け入れられない、なんてクソ訳者だ!と心の中で叫び、読むのをやめたいとさえ思いました。

…続きを読む

さて、現在のAndroid端末はいつの間にかHuawei P8liteからASUS Zenfone2 Laser(ZE500KL) 5インチに変わっています。
中級機から中級機への変更ということで、こいつは何をやってるんだ?と思われそうですが、一応自分なりの考えがあっての変更です。

…続きを読む