iPad mini5(2019)を一週間ほど使った感想

待望のApple Pencil対応iPad miniをしばらく使ってみて、気がついた点などを書きたいと思います。

とりあえず、思いついたことを羅列します。

  • ApplePencilは本当に細い線まで描けて鉛筆のよう
  • 今まで使ったアクティブペンと較べて線が途切れないのでストレスがない
  • 電池もちは4との比較で大差ないと思うけど4は長時間使い続けることがなかったので良く分らない
  • Apple Pencilは意外と電力消費は早そう
  • ペーパーライク保護フィルムは書き心地はなかなか良いが、ボヤけた感じで見づらく功罪半ばすると言ったところ
  • ずっとペンを使っていると、ディスプレーに多少熱を感じるが、我慢できないほどではない
  • 重い処理をさせる作業をそもそもしないので、動作速度については良く分らないが、高速化は多分mazecの快適さに繋がっていると思う

iPad mini5本体は4とサイズも重さもデザインもほとんど変らないので、あまり変った気がしません。

自分のモデルはWi-Fiモデルですが、特に大きなデメリットは感じません。初代iPad miniはセルラーモデルでしたが、通信を必要とする場面のあまりの少なさから二代目からはWi-Fiモデルで充分と思って使って来ました。

もちろんいつでも通信可能なセルラーモデルに憧れるところはありますけど、モバイルルーター、またはAndroidのBluetoothテザリングで充分です。

今後の連用形態によって変ってくる可能性は無きにしもあらずですが、セルラーモデルのみ搭載のGPSだって実際のところいくら大画面で見やすいとは言ってもタブレットで地図を見ながら歩くなんてことまずありませんし、Bluetoothテザリングも案外バッテリー消費が少ないので実用的です。

購入したアクセサリは以下2点。

ケースに関してはApple Pencilをスマートに持ち運べるものを現在も探している最中ですが、なかなか良いものが見つかりません。しかし、4のケースだとボリュームキーと干渉してしまい、時々音量インジケータが勝手に表示されてしまうので、とりあえず繋ぎにペンホルダーもない一番安いヤツを買いました。その代わりペンを収納できるゴムバンドで留めるホルダーを購入。心配してましたが、10インチiPad用ですが、バッチリハマります。

ペンホルダーのあるケースは、できれば、ケース自体に収納スペースをもたないものが良いのです。内蔵式だとケースの幅が広がってしまってiPad miniの利点のひとつであるソフトウェアキーボードの親指打ちに支障が出ると思うので。ケースの横に飛び出る形でペンを挿せるタイプのものもありますけど、ただのゴムバンドみたいで、絶対クリップもない寸胴のApple Pencilは落ちてしまいますよね?
今後もっと良い感じのケースが出てくれれば良いのですが。
なお、キーボード付きも考えたのですが、やはり7~8インチのキーボードって打ちにくいですよね。なので、別途Bluetoothキーボードを持った方が良いと思います。キーボード、初代から使っているものを持ってますし。

なお、自分が購入したペンホルダーはキャップの粉失防止カバーがついているので、これだけでも充分お買得です。
それから充電アダプタを収納する場所もついていて便利です。

次にソフトウェアとしては、到着直後にMyScript neboとmazecを買いました。使用感は最高です。どちらもWindowsまたはAndroidで使った経験がありますが、Apple Pencilによってこれまでにないスムーズな入力体験を得られています。Huawei Mediapad M5 liteでは文字認識は同等レベルなのですが、文字の線が途切れるのがストレスです。保護フィルムなどの影響もあるのでしょうけど、そもそもペンの書き心地が大きく違います。とにかくこのスムーズな書き心地はVivotab Note8をも凌ぐ次元が違うレベルです。太さもApple Pencilは握りやすくて良いですね。
傾き検知や筆圧段数も違うMediapadはM5 Proならもっと差は縮まるのでしょうか?
まあ、自分はまだまだペン初心者なのでSurfaceも使ったことがないですけどね。

なお、この文章の下書きは全てiOSのメモにmazecを使って書いてます。
mazecはかなりのなぐり書きでも認識してくれるので、非常に快適です。
(ただmazecはApple Pencilを持ち出さなくても、百均のスタイラスや指で充分使えますけどね)
neboは紙に書いているような感覚が良く、そのままテキストデータにできるのが良いです。スケッチやダイヤグラムも混在できますし。
ただ、自分としてはテキスト入力が目的なので、neboでも充分なのですが、もっと良い手書きノートアプリがあれば欲しいですね。
可能であれば斜めに書こうが、段落無視で書こうがテキストデータとして認識してくれて、とりあえず走り書きしたものを後からテキストデータに変換できるものが出来てくれれば良いな、と思います。
それから、文字列のコピー&ペーストもペンで囲んでドラッグして移動や貼り付けが簡単に行えるようにもして欲しいですね。
キーボード入力用のテキストエディタやお絵描きアプリなどはかなり熟成が進んで、ある意味完成品と言って良く、手を入れるところが少ないと思うんですけど、手書きノートアプリは今後物凄い伸びしろがあると思うんですよね。アプリ開発会社の怒力に期待したいところです。

今回Apple Pencil対応のiPad miniがデバイスとして増えたことで、Apple製品間の連携がさらに高度になりました。MacBookとの組み合わせで、文章の続きをユニバーサルクリップボードでiPad miniに移して入力することもできますし、macOS/iOSのメモやTextwellを使うと、より便利です。時々更新されないこともありますが、基本iCloudですぐに同期してくれるので、ネットに繋がっていればユニバーサルクリップボードも要らないくらいですね。
MacBookで入力していて、ちょっと疲れたなと思ったら、姿勢を変えてiPad miniを手にとってApple Pencilで書き始める。なんてことが楽々できます。
Apple Pencilはこの高性能なら一万円でも充分安いとも言えますがその価値を見出せない人には高額商品とも言えるので、紙に書いているのと遜色ないこの感覚は少しでもペン入力に興味がある人には絶対経験して欲しいですね。
値段につられてHuaweiを買うよりも最初からApple Pencil対応iPadを買った方が良いと経験者は断言します。(笑)
まあ10インチクラスのiPadは使ったことがないので、iPad miniの軽さとApple Pencilの黄金の組み合わせと比べてどうなのかは分りませんが、コンピューター技術がもたらしてくれる感動的な体験を久しぶりに味わえた気がするということで、今回の買い物は全くと言って良い程損はないどころか、お釣りの来る良い買い物でした。

追記
Amazonでこんなケースを見つけました。
なかなか面白いですね。ちょっと欲しくなるけど、まあ8インチサイズのキーボード、持ってますし。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です