Chromebook C101PAでemacsを使う — 最終結論

ASUSのChromebook C101PAはRockChip RK3399というArmアーキテクチャのCPUを使っているため、Linuxが導入できても日本語入力の選択肢が少なかったり、Dropboxの同期アプリが使えないことで不便ですよね。

もちろん、
Dropboxについてはpythonスクリプトを使った逃げ道があるようです。

日本語入力に関しても一応ddskkがあります。

でも、面倒だったり、使い勝手の問題があったりと、自分としてはあまり好ましい方法に思えませんでした。
そこで最終的な結論として思いついたのは「リモートデスクトップ」です。
というか、さっさとその結論に行きつけよと言われそうですが、Chromeリモートデスクトップを使えば費用もかからず、簡単にemacsがインストールされたPCにログインして、そのリソースを使えるので非常に便利。

インテルのCPUを使っているPCにログインすれば、Dropboxはもちろんemacsでmozcも苦労することなく使えるので、大変快適。
一番手っ取り早いと思ったのはWindows10にWindows Subsystem for LinuxでUbuntuなどをインストールしたPC。
常時起動させておくPCがない場合は省電力かつ小型のデスクトップを購入すれば良いのかな、と思います。

自分はもっと遅いCPUのPCにログインしていますが、リモートとは言えemacsを動かすだけなら意外とストレスなく動かせ、これで自分がメインで使っているDropboxが使えない不自由さから脱却できるのですから、最高です。

と、ここまで書いておいてから衝撃の事実に気づきました。
Chromebook、DropboxはLinuxとファイル共有できないのにGoogleドライブだとできるんですね。
以前共有機能を試した時なぜ気づかなかったのか自分でも分かりませんが、読み書き速度的にも大きな違いがある(同じGoogleプロダクトなので当然か?)Googleドライブ優遇?がここにも。
となると、DropboxからGoogleドライブをメインにすれば大きな問題が解決するのですが、どうしようかな?
やはりDropboxの方が使いやすいように感じるので、難しい問題です。

ということで、最後は結論がおかしなことになりましたが、どちらにしても今まであまり起動しなかったC101PAの使い途が拓けたことは幸いでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です