ミドルサイズタブレットの復権を!

我ながら頭がおかしいとしか思えませんがHuawei Mediapad M5 Lite 10の購入2日後にAmazonでASUSのVivo Tab Note8のお買得な新品を見つけてしまい、ついフラフラと購入してしまいました。 

本来は7インチこそ希望のサイズだったのですが絶滅危具種と思われたペン対応の10インチ未満タブレット。 
このチャンスを逃したら当分安い価格では手に入らないと思って買ってしまったのです。 


残念ながら本日現在新品の出物はありません。

8インチサイズではドスパラのraytrektabがありますが、ちょっと5万円は出す気になれなかったところ、およそ半分の値段で手に入れた訳ですが、OSがWin8.1、しかも古い機械なのでバッテリーが死んでいるかも知れないのでかなりの冒険と言えました。
しかし、今回そのリスクを冒してこの機種に手を出したのは、スタイラス収納式というポイントを高く評価したからです。 

M5 Liteのようにペンを収納できないものだと必要な時にペンを忘れてただのタブレットになってしまうという可能性が高いですよね。 
せめてケースにペンホルダーがあれば良いのですが、M5 Lite(の付属ケース)にはありません。サッと取り出しササッと書き始める、そんな理想の環境に少しでも近づくならとVivo Tabを見かけた途端指が無意識に動いていたのでした。 

実際に届いてみると、案の上バッテリーが怪しい雰囲気。フル充電後何もせず放置しているだけで、およそ10時間で電源が落ちました。 
全く使わないでこの使用時間はヤバそうだぞ、と思ってもう一度コンディショニングしてから使い始めたところ今度は見事に、30分くらい使っても14時間以上もちました。 
これなら使いものになりそうです。 

本格的に使ってみると、やはり軽いし、左手でしっかり握ってペン入力できるのがGood。今電車の中でこの文章を書いてます。そもそも自分としては電車や駅のホームで重くて大きい10インチタブレットをカバンから取り出す気になれないんですよね。その意味では最高のモバイルマシン。キーボード付きの小さなスマホでプチプチ入力するよりも見た目もマニアっぽくならなくて良いとも思います。 

ペンの書き味はM5 Liteより全然、良いです。本体の重さが苦にならないのと相まって、初めて紙に書くのと遜色ない書き味に感じました。 

今のところWin8.1のままですが、けっこうこのままでも使えそうに思えます。MS-IMEの手書きでも、慣れれば意外と高速で入力可能なことに驚きました。というより入力が捗り過ぎて電車を乗り過ごしてしまった程。 
入力するのが快感ですらあります。 
Win8.1でもかなり使えるとは言え、良いテキストエディタもないし、Win10にはするつもりですが、アップグレードして、この快適さが失われたらどうしよう、と少し恐い気持ちにもなります。 

でもちょっと待てよ、と。 

neboのように紙に直接書くようなアプリでなくMS-IMEの入力粋に書くので良いならiPad miniとmazecでも良いのではないか?iOSの端末は意外と百均のペンでも良い感じだし……まあ、それは今は忘れましょう(笑)。 

唯一の不満はペンが取り出しづらいことと、古いモデルなので仕方ないとは言え、もう少しベゼルが狭ければ良かったのにと思います。 
あと心配なのはペンの紛失。替えのペンの入手も厳しそうです。 

ところでこの端末を買って良かったと思う反面、M5 Liteが「こいつをいったい何のために買ったんだ?」という微妙な立場に立たされていまいました。
 Vivo Tab Note8がこのままお気に入りになるとM5 Liteは無駄になり、やはりバッテリーが劣化していてVivo Tab Note 8が使いものにならなければVivo Tabが無駄になるというジレンマ。 
いずれにしてもM5 Liteを買った後にVivo Tabの出物が見つかったのが不幸と諦めるしかないですね。 

さて、なんだか日記のようになってしまいましたが、ここで主張したいのは、やはりモバイルに最適なのは7~8インチの端末だという自論がいっそう強固なものになったということです。 

電車の待ち時間にも(スマホほどではなくても)さっと取り出せ、一覧性やソフトウェアキーボードでの入力の容易さはスマホと比較して圧倒的。さらに10インチタブレット横置きのソフトウェアフルキーボードより7~8インチの縦持ち親指打ちの方がずっと打ち易いと思います。そして、10インチタブレットのように今日は持って行こうか置いて行こうか悩むことなく持ち出せる気軽さもあります。 

タブレット自体斜陽状態のようですが、スマホでは小さ過ぎ、10インチタブレットでは大き過ぎる間を埋めるものとして7~8インチがなぜこんなにも評価されていないのか?消費者もメーカーももっと7~8インチタブレットの素晴しさに目を向けるべきだと思います。 

ぜひ、もう一度アクティブスタイラス標準装備のミドルサイズタブレットの復権を!! 

(全文Vivo Tabで下書き入力しましたので、漢字を忘れかけている筆者の誤字脱字誤用がありましたら、ご容赦を) 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です