Acer Spin7とMacBook 12インチのベンチマーク比較

前回書いたようにCore i5のSpin7の方がCore m3のMacBookより体感上遅いような気がして、ベンチマークで比較してみました。

OSが異なるので、比較にあまり意味はないかも知れませんが、スペックでは上位にあるはずのAcer Spin7(SP714-51-N58U)がMacBook12インチより、なんだか体感上遅いような気がしてしまったので参考までにベンチをとりました。
今回使ったのはWindows/Mac両対応のNovabenchです。
なお、Spin7はCore i5-7Y54/8MB RAM/256GB SSD/Intel HD Graphics615。
MacBook 12インチ 2017はCore m3-7Y32/8MB RAM/256GB SSD/Intel HD Graphics615です。

最初にSpin7です。

次にMacBook 12インチ 2017。

CPU Scoreは順当にSpin7が上回っていますが、RAMは同じスコアでGPUは同じIntel HD Graphics 615なのにMacBookの方が少し上回っています。しかし、なんと言ってもDisk Score、Writeは遅いのですが、Readでは倍以上の圧倒的な差をつけています。
Spin7のベンチ結果のキャプチャーはDisk Scoreが最高だった回を選びましたが、毎回Read SpeedではまったくMacBookに歯が立っていませんでした。
やはりSSDの差が体感上の差を生んでいるのでしょうか?
まあ、OSの違いがある上に得意不得意な場面がそれぞれ違うのでしょうけれども、やはりSSDの速度はPCの体感上のパフォーマンスに影響が大きいのではないかという自分の感覚が裏付けられたようにも思います。

なので、皆さんも容量につられてHDDタイプのマシンを選択することなくSSDを購入することをお勧めしますよ。(笑)

Acer Spin7は今の所タッチパッドの動きが若干ぎこちないのと、バッテリーはちゃんと調べてませんが8時間はもたないような印象であること以外良い感じで、コスパが良いのでお薦めです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です