Kenkoテレプラス購入レビュー

少々間が空きましたが、この度Kenko テレコンバーター テレプラス 2倍 PRO300 DGXーE キヤノンEOS用を購入しましたので、レビューします。

キッカケは偶然の出来事から。
今年近くの千束八幡神社への初詣の帰りに洗足池を歩いていたら、なにやら人だかりが。みんな一斉に何かをじっと見つめて同じ方向を向いています。
はて、なんだろうと思ってその視線の方角を見てみると、なんとカワセミが一羽枝に止まっているではありませんか。
洗足池にカワセミが来るというのは聞いていましたが、いままではよほど運が良くないと出会えない幻の鳥だと諦めていて、自分で撮影しようなどとは夢にも思いませんでした。
しかし、今その鳥がすぐそこにいるのです。いるからには撮影せねばと!素早く一眼レフを取り出して……と思いましたが、残念ながらその時はソニーのコンデジCyberShot RX100のみで、一眼レフは家にありました。
せっかく出会えたチャンスであるのに残念至極。RX100の超解像ズームで全く写っていないというほどではありませんでしたが、12インチディスプレイで見るとどこにいるのかすぐには見つからない小ささ。トリミングしまくってようやく姿かたちが確認できる程度。
こうなると一眼レフに望遠レンズを装着してもっと大きく撮りたい!と思うのはカメラ好きであれば当然の欲求でしょう。(笑)

しかし、手持ちのレンズはといえば、EOS M用の55-200mmで35mm換算320mmが一番長いもので10メートル以上くらい離れている雀くらいのターゲットを狙うのは厳しいところです。
そうすると新しいレンズが欲しいという気持ちがムクムクと起き上がってきてしまいます。
本当を言えば少なくとも35mm換算600mmくらいになる

とか

くらいは欲しいところ。

贅沢を言えば1000mm近い

くらいのレンズがあればバッチリなのでしょう。でも、「カワセミをもう少し大きくハッキリ撮りたい」という目的のためだけにウン万円のレンズを買うというのも不経済な話。

ということで思いついたのがテレコンバーターです。
しかし、最近はテレコンというのは流行らないのか、種類が少なくなりましたね。
そんな中でもケンコーはまだ作ってくれていました。

ということで、このテレプラスを購入するつもりでいたのですが、ふとAmazonを見ていたら

といった300mmまである随分とお安いレンズを売っているではありませんか。
テレプラスよりも安い!激安ですね。しかも、Amazonのユーザーレビューでも評価は意外と悪くない。
これにはちょっと迷いました。
テレプラスを買うより安いですし、手ぶれ補正がなくともAFだけは手に入りますから。
というのも、自分がテレプラスに装着する予定のレンズはMFのContax Sonnar 180mm F2.8。EOS 60Dでテレコンを介すと576mm相当になりますが、AFなしISなし。焦点距離的にはほぼ満足できても、600mm近いレンズをAFなし、手ぶれ補正なしで手持ちで撮影に臨もうなんて、お前はカメラ知識皆無か?と言われそうです。
でも、ある程度範囲は限定されているとはいえ、どこにとまるか分からないカワセミ相手ですし、通行の邪魔にならないよう三脚なんて使いづらいので使用予定は元からありませんでした。欄干などの支えになるものを使ってなんとか撮ろうと決意していたのでした。

前置きが長くなりましたが、悩んだ末結局300mmを含むレンズは今後の予定とかぶる気がするので取りやめにして、予定通りテレプラスを購入しました。

同梱品です。Made in japanだそうです。

EOS 60DとContax Sonnar 180mm F2.8に装着した状態

さて、実戦当日は前日までの雨も上がり爽やかな陽気で絶好の撮影日和。
出会えるとは限らないカワセミがちゃんと来てくれるか心配でしたが、この日はなんと二羽来訪。しかし、二羽一緒のところを撮ろうとしたらすぐに一羽は姿が見えなくなってしまいました。
そこで残った一羽に集中!手ブレとピンぼけを量産することは折り込み済みで大量に撮影しましたが、早朝なので思った以上にシャッター速度を稼げずに苦戦しました。
テレプラスの画質が気になる方も多いでしょうから、そんな中なんとか遊歩道の欄干を支えにしてピントとブレがまあまあな写真を掲載したいと思います。

上記の写真のカワセミのクローズアップと右隅の写真を800*800の原寸大で以下に掲載します。(構図が不自然なのは欄干を支えにして撮影した一番ブレのすくないと思われる写真なので)

結果は見た方の判断にはなりますが、自分としてテレプラスの評価はまあまあではないかと。
確かに画質は下がったと思いますが、これだけ写れば満足です。
Amazonのユーザーレビューを自分が参考にした時は画質が致命的に悪いのかそうでないのかハッキリしなかったのですが、自分で使ってみて(マスターレンズの画質に左右される可能性があるとはいえ)値段なりの性能は出ていると思います。
AFで使うとしたらレンズによっては動作しないなどの評価も出るでしょうけど、今回のこの撮影のみで今後これだけの長焦点は使わないかも知れないという自分にとっては、ギリギリ納得の行く買い物だったと思います。

最後に不自然でない構図のものもあと二枚ほど貼っておきます。
(鳥写真にはまらないように気をつけねば(笑))

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です