Chromebookをオススメしない3つの理由

Chromebook、一部では熱狂的にもてはやされていますが、自分にはどこが良いのかピンと来ません。
そこで時流に沿って、良くある「3つの理由」というヤツでお勧めする人に反対してみましょうか。(笑)

  1. アプリケーションが少なくカスタマイズができない
  2. ネット環境がないと使えない
  3. 起動が速くても意味がない

ちなみに自分が購入したのはASUSのChromebook C101PAです。ただし、原則としてOSとしての評価をしています。

ということで、以下細かく述べたいと思います。

1.アプリケーションが少ない
決してWebアプリ否定派ではないですが、Windows/Macに比べて充実したアプリケーションが揃っているとは言い難いと思います。
しかも、Chromebookを除いてストアでのアプリ配信は閉じられています。
Androidアプリに期待する人は多いでしょうけど、たとえば、テキストエディタで入力内容に変更があっても閉じるボタンで警告なしに閉じてしまうなど、ずさんな印象の実装の仕方で、なんだかGoogleの対応は中途半端に感じます。
それに、WindowsやMacでは文字入力とかクリップボードなど、ちょっとしたユーティリティーソフトで劇的に使いやすさが改善されることが多くある訳ですが、ChromeOSの性質上、そういったアプリケーションの導入は得意とは思えませんし、そもそも設定する箇所が少ないので、自分なりの設定で使いやすくするという楽しみもありません。
コントロールキー+Nで新規ウィンドウ、コントロール+Wでタブが閉じてしまうのもかなり辛い仕様です。

2.ネット環境がないと使えない
今時ネットに接続しないで何するの?とChromebook大好きな方はおっしゃいます。
それは確かにその通りでもあるのですが、外出先でモバイルデータ通信の電波状態が悪い、ルーターの調子が悪い/故障/忘れた、Wifi環境がない、などということは実際の話起こり得る訳で、その時一部のアプリを除いて何もできないとなるとただただ重い板を無意味に運んでいるだけになってしまう訳です。
オフィスアプリだって今やオンラインの時代ではありますが、それでも何もできなくなった時重くてかさばるノートPCを虚しく持ち歩くのは精神的にもしんどいですよね。

3.起動が速くても意味がない
起動が速い点も絶賛されていますが、これについては「えっ?皆さん、普段ノートPCの電源を一々落としているんですか?」と訊ねたくなってしまいます。
自分としては使わない時はスリープにするだけで完全にシャットダウンすることなんてないし、電源を落としたり再起動するのも月に1回あるかないかですね。
旅行や外出先でよほどバッテリー残容量が少ない時に持ち出す時くらいしか電源落としません。
もちろん起動が速い方が良いには越したことがありませんが、ノートPCで起動の速さがそれほど大きな意味を持つようには思えません。

なお、ChromeOSのマシンがバッテリー長持ちなのも確かにメリットですが、家の中やちょっと持ち出す程度の時には、これもさほどメリットとは感じません。もちろん、3〜4時間では困りますけど、5〜6時間もてば充分に感じます。もちろんこれにはかなり用途による違いは発生するでしょうけど。

以上Chromebookマンセーな意見に反対してみましたけど、決してChromebookなどなくなってしまば良いと思っている訳ではありません。1ジャンルとして存続して欲しいとは思います。
けれど、やはりPC購入に関して価格は重要な要素であるとはいえ、UXというかユーザー体験はなにより重要で、その点において勘違いを起こさせるようなChromebook礼賛には反対したいと考えるのです。
要するに私の言いたいことはライトユーザーとして使うならタブレットを持て、ガリガリ使うならWindowsかMac、LinuxのPCを持て、ということです。自由度が少ないChromebookは用途が限定的です。何にでも応用が効くノートPCとして仕事や学業などにガッツリ使おうと思うならChromebookは避けたほうが良いでしょう。
ガッツリ使うのでなくても、趣味に活かすような使い方なら絶対後で後悔するし、すぐ飽きると思うのでお勧めできません。
もちろん、安くて(ブラウジングは)速いという点において同じくらいの価格帯のWindowsのATOM機などでは対抗できないのは確かですが、後々のことを考えると少し余分に出して5〜6万円代の応用度の高いWindows機を買う方が良いと思います。
これは以前から言っていることの繰り返しになりますが、やはりChromebookは他にPCを何台も持っている人が、贅沢品として買うものだという感が強いです。
断捨離とかシンプルとか言うのはPCが実用品である以上決して美点とはなりませんが、別途なんでもこなせる環境を持っていて普段はシンプルなものを使いたいという人ならChromebookが素晴らしく思えるのは当然でしょう。

以上現在他にPCを所有していない人がどうしても必要で価格が安いものを探している場合、うっかりChromebookの宣伝にノセられて買ってしまわないよう以上警鐘を鳴らすつもりで余計なお世話な話を展開いたしました。
上記の内容を踏まえた上で購入を決断される方は問題ないと思いますし、ブラウジングとテキスト入力しかしないし、キーボードはやはりついていた方が良いという方には確かにサクサク長時間使えるChromebookはベストフィットでしょうから、充分満足だと思いますので、そういう方にはお勧めしますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です