Macの魅力の棚卸し

先日のエントリーでMacの発熱の状況が買い替え必死の状況と思えて来ましたが、買い換えるならやはりMacだと思っています。
シンプルなコンセプトに憧れを抱いたChromebookをいざ入手してみると、言われているほど素晴らしいとは思えなかったのは、やはりどうしてもMacBookと比較してしまう部分があったからではないかと思います。
そこで、Macについて自分として強くこだわる良さについて買いてみようと思います。
(短くまとめるつもりが長文になってます)

Chromebookはシンプルなのは良いのですが、やはりカスタマイズ性の低さから痒いところに手が届かないし、なんだか将来的にあれもしたいこれもしたいという時にその道を塞がれているような気がしてしまいます。
キーボードで入力するための基本機能がしっかりしているのも確かに大事ですが、なんだかワクワクしません。
要するにポメラや昔のシグマリオン等の大型版という印象です。
以前にも書いたように何台も持っているお金持ちの人がWindowsやMacに飽きて4台目5台目くらいに買うマシンではないでしょうか?

対してWindowsはその膨大なユーザー数の歴史からたとえ不便な点があっても有償無償のソフトウェア等でなんとかなってしまうところがあります。
MacはWindowsと比べればシンプルな印象ですが、それでもテキスト打ちだけしたい人にとっては色々と余計な機能やアプリケーションが入っています。
正直Windowsのアクセサリは本当に「オマケ」っぽいものばかりですが、アップルの場合はかなり使えるアプリケーションや機能が揃っていると感じます。その中で、特に自分にとってなくてはならない機能は主に以下のものです。

1.emacsのカーソル移動のショートカットキーの一部を多くのアプリケーションで利用可能
2.スポットライトと辞書機能の標準装備
3.iOSと同期するメモ、リマインダー等のOS標準のアプリケーション
4.IMEのON/OFFの切り替え方法

いやいや、本当はこれだけでは全然語りつくせませんね。表現力豊かなタッチパッドのジェスチャー機能とかUIの透過処理とか一定の大きさ以下のキーの広さを許さない設計とか電源管理の良さなど他にもたくさんの良い点があって書ききれないくらいです。MacBookはスタバでドヤ顔するためのものではなく、大変実用的なものだと思っています。
しかし、あまり多くの人が評価していない、しかもこの機能がない他OSであっても全然問題にされることが少ない、1番目のemacsライクキーアサインなどはどうしてさほど評価されていないのか不思議です。
ブラインドタッチしない人もいますが、一度ブラインドタッチを覚えた人は絶対にキーボードから手を離したくないのではないかと自分は思ってしまいます。自分はキーボードから手を離したくないあまりマウスだって嫌です。入力にノッテいる時にはわざわざ手を離してマウスをいじるのなんていうのは苦痛以外の何ものでもありません。
別にemacsライク出なくても良いのですが、emacsを手放せない自分にはよりありがたいキーアサインです。OSX/macOSの場合はCocoaフレームワークを使って作られたソフトウェアはこのキーアサインが使えるそうですが、Windowsを使う時に不便だなあと感じるのはここが最大のポイントです。
Macを離れられない1番の理由はこれですね。
そして、2番目のリンクして使えるスポットライトと辞書機能も大変便利。国語/和英/英和辞書が標準装備というOSもあまり聞きませんが、太っ腹なだけでなく一発で起動できてすぐに調べ物ができるこの機能も使ったらやめられません。電卓にもなり、通貨換算もできます。
3番目のiOSと同期するアプリケーションですが、自分にとっては「メモ」がキラーアプリ。シンプルでフォルダ分けできるため、目的の情報に素早くたどり着くことができます。Win/Mac/Android/iOSとマルチに展開するMSのOneNoteはメモより多機能ではあるでしょうけど、むしろ複数のノートブックが作れることで複雑になってしまい、メモより使いにくく感じてしまいます。WZ Editorと秀丸を比べて多機能なWZが秀丸より使いやすく感じなかったのと同じことに感じられます。
4番目のIMEのON/OFFの切り替え方法ですが、もっとも地味なこの部分をわざわざ1項目としてクローズアップするのは、Windowsなどのように半角/全角キーをトグルスイッチのように切り替えるタイプは、モードの状態を確認するために画面の右下などに視点を移さなければならず、絶対非合理的だと思うんですよね。Macの場合はスペースキー左右の英数とかなキーを使いますが、英数を押せば必ずアルファベット、かなを押せば必ず日本語入力になるので、モードを目で確認する必要がありません。キーを打つ前に念のためどちらかのキーをポンと打てば、確実に思ったモードで入力できます。Windowsに限らずなぜ多くのOSがトグルスイッチ型を採用するのか理解に苦しむ程です。

以上の点を鑑みると、Macって非常にテキスト打ちの方々にも向いたマシンだと思えます。ただ、標準のIMEがちょっと厳しいのと、利用者が多いWindowsに比べるとキラーアプリと言えるようなテキストエディターがないのが問題点でしょうか?
しかし、自分としてはemacsがあれば十分だし、上記のMacの機能を活かしつつ、透過ウィンドウで使うemacsは最高です。

とはいえ、自分として特にMacを他の人に買えと勧める気はありません。ある程度普及していないと価格等に影響がでるので、AppleとMacが没落するのは困りますが、上記のような利点を分かっている人だけが使えばよいのではないでしょうか?
日本製の20〜30万くらいするPCからすれば安めだとはいえ、Atomを使った廉価なPCからしたらかなり高級品に見えますし、使っている人が多い=すぐに身近な人に質問できるWindowsと比べると敷居が高いのは事実ですから。

ということで、Mac以外の選択肢はないと思えますが、さあどうしようというところです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です