MacBook Airの発熱がだんだんひどくなる理由

Macについて興味深い記事を見つけました。

最初は「ふーん」と思って大して興味を惹かれなかったのですが、最近冬でもMBAの発熱が激しいのは「低スペックの古いマシンにとっては、動かすだけでも大変な負荷がかかってしまいます。」と言うくだりで、ふと腑に落ちてしまいました。
自分のマシンは2012年製なのでギリギリ(アウト?)5年なのですが、やはり動かすだけで負荷がかかっているので重い処理をしていなくてもちょっと使っていただけで熱を持つのですね。
そう言えば、以前バッテリーの交換に挑戦した時に開腹して、想像していたより遥かにファンについた埃が少ないのが意外でしたが、発熱は年々酷くなる印象を持っていました。
そうなると、やっぱり買い替えが必要でしょうか?
でも、変えるとするとMacBook 12インチが第一候補ですが、発熱について良い噂を聞かないことと、キーボードがうるさいという点でためらってしまうんですよね。
この二点は自分が最も忌避している項目なので。
それと高いし。(笑)
困ったなあ。

新しい「macOS High Sierra」にアップグレードしていいMacbookの見分け方(lifehacker)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です