Chromebook flip C101PAにLinux導入、一時断念

C101PAを購入して、やりたかったことはemacsの導入です。
と言うか、emacsキーアサインから離れられなくなっている自分にとって、必須の作業です。
しかし、本日(2017/12/14)現在CroutonでのXubuntuのインストールができず、一時断念することにしました。

日本語が使えるemacsをインストールするにはまずLinuxのインストールが必要となります。
Linux自体かなり久しぶりなのでまったくの初心者同然となります。
さて、Chromebook C100PAへのLinuxの導入についてはcroutonを使ったXubuntuやArch Linuxがあるようですが、Arch LinuxはSDカードにインストールするようになっているので、USB2.0のC101PAでは不利ですし、一つしかないタイプAのポートを潰してしまうのも不自由しそうです。
SDカードへのインストールにはスリープに問題があると言う記述を見つけましたし、その他GalliumOSはArm系が動作不可で、ubuntuもunityが動作しないと言うことで、やはりXubuntuしかないかなと思いました。

最初に以下のサイトを参考にさせていただき、Xubuntuをインストール。

Crouton を使って ChromeBook に Xubuntu 環境を構築する

しかしながら、コマンドラインコピペでやったところ以下のエラーが出てXが起動しません。

Entering /mnt/stateful_partition/crouton/chroots/trusty...
/usr/bin/startxfce4: Starting X server

_XSERVTransmkdir: ERROR: euid != 0,directory /tmp/.X11-unix will not be created.

(++) Log file: "/tmp/Xorg.crouton.1.log", Time: Thu Dec 7 21:09:00 2017
(==) Using system config directory "/usr/share/X11/xorg.conf.d"
(EE)
(EE) Backtrace:
(EE) 0: /usr/bin/Xorg (xorg_backtrace+0x44) [0x59464091c]
(EE)
(EE) Segmentation fault at address 0x0
(EE)
Fatal server error:
(EE) Caught signal 11 (Segmentation fault). Server aborting
(EE)
(EE)
Please consult the The X.Org Foundation support
at http://wiki.x.org
for help.
(EE) Please also check the log file at "/tmp/Xorg.crouton.1.log" for additional information.
(EE)
(EE) Server terminated with error (1). Closing log file.
/usr/bin/xinit: giving up
/usr/bin/xinit: unable to connect to X server: Connection refused
/usr/bin/xinit: server error

まあ、これくらいのトラブル、C100PAでのお話なので仕方がないな、と思って前掲のページに記載されている内容をよく見ずにどうしたら良いか再度ググると同じような悩みを持つ方が。

Ubuntu日本語フォーラム
Xubuntuが上手くインストールできません。

しかし、「最新バージョン」をインストールって、どうすれば良いんだろ?と、ここで愚かにも最新バージョンのインストール方法をWebで検索してしまい、情報が見つからないなあ、などとお間抜けなことを思っていたのですが、最初のサイトにちゃんと書いてありました。(苦笑)

要は$ sudo sh ~/Downloads/crouton -r listで最新のバージョンをみつけ、以下コマンドのディストリビューションを意味するtrusty部分を入れ替えれば良いと言うことです。(ちなみにターミナルでの貼り付けは右クリックに相当するタットパッド二本指タップ)
$ sudo sh ~/Downloads/crouton -r trusty -t xfce-desktop,keyboard,audio,extension,touch,chrome

ところが、xenial,zesty,artful,bionicなどどれをインストールしてもインストールは完了するのですが、Xを起動するとブラックアウト後flipが再起動すると言う状態になってしまいました。
なお、海外の方でも僕と同じ状態の方がいるようです。

https://askubuntu.com/questions/983853/problem-installing-crouton-on-an-asus-chromebook-flip-c101pa

やむを得ずPowerWashをしてから再度(Unsupportedですが)最新のバージョンであるbionicをインストールしてみました。
ところが、ここでも結果は同じ。
そこでzesty,xenial,artfulなどを試してみましたが、変わりなしです。
その後もう一度Ubuntu日本語フォーラムを探すと、同じ方の投稿でインストールした際のコマンドラインがそのまま載っているのを見つけました。

croutonを使ったインストールで32bit版を指定できますか?

コマンドは
sudo sh ~/Downloads/crouton -r xenial -t xfce-desktop,keyboard,audio,extension,xiwi,touch
なので、chromeがなくxiwiがオプションとして指定されている点が違いますね。

そのまま実行してみました。
しかしながら、成功例のコマンドで実行しても以下エラーでXが立ち上がらず。

Errors from xkbcomp are not fatal to the X server

同じ機種で同じコマンドでも失敗すると言うのは何故なのか?原因不明です。
しかも、この方は16.04のxenialだけでなく、17.10(artful)もインストールできてるんですよね。
質問するのは嫌いだし(笑)、もう一度PowerWashというのも躊躇ってしまいます。Xubuntuのインストールだけでも1時間以上かかるのに、PowerWashと開発者モードへの変更の時間を考えたら、ちょっと辛いかなと。
そこでしばらく情報が増えるまで一時断念したいと思います。

なお、Chromebook(C101PA)、前回お勧めできないと書きましたが、その気持ちはより強くなりました。
と言うのも、発熱しないのが魅力などと書きましたが、充電しながら使用しているとかなり発熱するのです。
少なくとも、暖房の入った部屋で充電しながらxubuntuをインストール(1時間以上ダウンロードが続く)するとケーブルを挿している右側がちょっと耐え難く感じられるほど発熱します。
テキスト打ちや軽いネットサーフィン程度ならさほど発熱しないかも知れませんが、冬でこの発熱なら夏に使ったらどうなるのか不安になります。
もちろん、充電しながら使わなければ問題ないとは言えますが、次に予定があるのに残量が少なくて充電しながらの作業になることも多々ありますよね。
これはChromebook全体ではなく、C101PAだけの問題かも知れませんが、Chromebookに特別な価値を見出せない僕にとってはかなり気分が萎えたのは事実です。テキスト打ちが主用途の方にも別なマシンをお勧めします。それでもChromebookを選ぶとしてもC101PAはこの問題を納得した上で買うか別な端末が良いと思います。
でも、やっぱりお金があったらMacが最高かな?(笑)
(発熱の問題はMacBookの方が深刻かも知れませんがね)

(12/19追記) とえとさんという方のサイトを拝見し、導入できました。ポイントはxiwiとcrouton integrationですね。コメントを入れられなかったので、ここで感謝させていただきます。

C101PAにcrouton使ってXubuntuを入れた話

(しかしながら、自分は最新バージョンとしてインストールされる16.04 xenialでは日本語入力の設定がうまくできませんでしたので、改めて行った自分のインストール手順をまとめました。こちらをご覧ください)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です