ソニー CyberShot RX100を高速化して使う

Canon PowerShot G7 XからRX100(無印)に移行してから随分経ちましたが、正直不満はあります。
何よりも最大の不満点はもっさりというか動作速度が遅いことでしょう。
発売時期や画素数を考えると連写合成する時はある程度仕方ないかなとは思いますが、それでも露出が失敗したと思ってすぐに取り直そうと思った時になかなか次の撮影ができなかったり、サッと撮ってサッとしまいたい時に、レンズがなかなか収納されない時などイライラします。
スナップで使うにはちょっと堪え難いとも言えるこの遅さ、ある時ふと思いたって2箇所ほど設定を変えたら我慢できる程度になりました。

設定を変更したのは以下の点です。

  • RAW+JPEGでの撮影をやめてRAWのみに
  • オートレビュー(撮影後の撮影結果表示)をオフに

RAWのみでの撮影はRAW+JPEGに比べて気持ち速いかな?程度ですが、オートレビューのオフはかなりの効果がありました。

RAWのみで撮影するというのは、カメラ内現像機能を持たないRX100無印においては少々面倒に感じますが、Wifiも内蔵していないRX100では、いずれにしても一度PCに取り込む必要がありますし、取り込んだら必要な写真だけ修正すれば良いので、我慢できないことはありません。
JPEGでしか撮らないという人もいるでしょうけど、その場合はHDRをオフにすると輝度差の多いシーンで連写合成が行われずに速くなりますが、これは露出を大幅にRAW現像で修正するのが厳しくなるので、設定変更するかどうかは微妙なところです。
普段はRAWで撮っていて、いざ緊急でJPEGが欲しい場合はMR(登録呼び出し)モードにあらかじめRAW+JPEGもしくはFINEのJPEGの設定をしたモノを登録しておけば、JPEGで記録されます。そのため、モードの使い分けをする人には致命的な問題にならないと思います。

そしてオートレビューのオフもすぐにおおよその撮影結果が確認できないのは辛いと思う方はいるでしょうけど、本来写真は"一期一絵"。逆に結果がすぐに確認できて撮り直しできてしまうのはどこか虚しさを感じてしまいます。
僕はと言えば、所有している一眼レフのEOS 60Dはバリアングルモニターを装備していますが、基本閉じた状態で撮影しています。
できれば銀塩写真のプリントを見る時のようなワクワク感はできれば失いたくないので。(ミラーレスのEOS Mはどうしようもありませんが)

ということで、設定変更によるデメリットは無視できるものでもあるので、僕は現在この設定で使っています。
まあ、それでも決してサクサク動くとは言い難いですが、かなりマシにはなるのでRX100が遅いとお嘆きの貴兄は一度お試しになってみてはいかがでしょうか?
RX100無印は動作が遅いだけでなく、ちょっとズームすると寄れなくなることやNDフィルターが内蔵されていないことにイライラすることは多いですが、制限が多いゆえにマゾヒスティックな喜びを持って使える部分もあります。
現在はMRモードに35mm F2.8 リッチトーンモノクロを設定して、「モノクロ、35mm、F2.8縛り」で使うことに喜びを見出しております。(笑)

あ、それから一応書き込みにはなるべく高速なClass10のSDメモリを使うのは基本だと思います。

僕はこれを使っています。(RAWで撮ると無意味ですけどね(笑))

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です