最近のITデバイスの壊れにくさと保護アイテムの重要性


先日、三脚が倒れてプラスチックの箱の上に置いてあったHuawei Mediapad T2 7.0 Proを直撃するという不幸な事故に見舞われました。
カバーをつけていたので本体は無事だったのですが、画面保護フィルムが割れてしまい、書い直すことになってしまいました。

金属部分でなくプラスチックのハンドル部分が当たったらしいことが幸いしたとは言え、2kgくらいある結構な重さのものが当たったのですから本体の故障も覚悟していたのですが、最近のITデバイスは丈夫ですね。
一応以下の強化硬度9Hのガラスフィルムとケースをつけていたのですが、本体の画面は何事もなく、動作も全く正常です。

特にケースは画面側カバーが結構薄く、閉じ方が緩いので保護の面から少し心配だったのですが、無事その役目を果たしてくれたのでしょう。保護フィルムも割れることで保護してくれたのかも知れません。
フィルムが割れて無駄にお金がかかることは悲しかったですが、やはり保護アイテムは重要であることを痛感しました。画面保護フィルムももちろんですが、スマホのフリップケースはすぐに画面が見たい僕としては否定的な立場ですが、タブレットは特にスタンドにもなるので必須ですね。

さて、フィルム選びについてですが、Mediapad T2 7.0はゴーストタッチの修理の際にどうしても剥がれなかったので、初代の保護フィルムを破棄してもらい、同じものを書い直した経緯もあって今回の書い直しで3枚目。しかし、ガラスフィルムは透明度が高くて綺麗なのは良いのですが、微妙に重い気がするのですよね。そこで今回は非ガラスフィルムにしました。
透明度は若干下がりましたが、タッチ操作にも問題なく、気のせいなのかやっぱり軽く感じます。
これにして良かったと思います。

レイアウト rayout RT-MPT27F/A1 [HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro 指紋防止 光沢 液晶保護フィルム]

そう言えば最近やけにモノを落とすことが多く、ガラホのSHF32をズボンのポケットから敷石の上に落としたり、iPhone 8 Plusもベッドの上からですが、充電アダプタの上に画面側から落としたりと冷や汗をかくことが度々ありました。
SHF32は流石に無傷とはいきませんでしたが、ちょうど角のところから落ちたのでパッと見分かりづらい擦り傷で済んでます。カメラを含めた作動状況も全く問題なく、これにはちょっとシャープさんの技術に感心しました。
iPhoneの方は店頭で買ったのでどのメーカーか分からなくなってしまいましたが、衝撃吸収タイプの保護フィルムで落とした跡すら残らず、助かりました。

iPhone 7 Plus用 衝撃吸収&自己治癒 液晶保護フィルム 光沢 Simplism TR-PFIP165-SKFRCC
確かこれだったような…

以前にASUSのZenFone 2 Laserを胸の高さからアスファルトの上に落とした時もケースをつけていて無傷でした。これなど結構な衝撃だったはずですけどね。

(僕が購入したデザインのものは現在販売されていないようで、機種違いですが、デザインは下記の「黄金の羅針盤」です。渋くてすごく素敵なデザインです)

昔のケータイなどは落とすとすぐに壊れたり、大きな傷が残ったりした印象ですけど、最近は技術の進歩なのか壊れにくく、傷つきにくくなっているようで、ありがたいことですね。
でも、保護アイテムはしっかり装備したいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です