iPhone X、発表されましたね

ここのところ色々あって、しばらく書いてませんでしたが、ようやく少し余裕ができたのでまた時間をみつけてポツポツ書いていこうかなと思います。

そんなわけでiPhone Xですが、スペックはほぼだだ漏れていた事前の噂通りでしたが、やはりまず言いたいことは「価格が高い!」ということ。
自分としてはiPhone7 Plusに感じていた大きく重いという不満点が解消されているところが非常に好ましいとは思いますが、256GB版がMacBook 12インチが買えてしまう価格はいかがなものかと思います。
自分自身現在128GBを使っているのに64GBへ戻るというのも躊躇われますが、この価格帯でSDカードも使えないiPhoneで64GBを買う人は少数派ではないでしょうか?

そして、なんらかの対策がされているらしいですが、10万円を超える価格で買っても有機ELなのでいつかはディスプレイが焼き付くかと思うとかなり悩ましい買い物ではないでしょうか?
かといって、iPhone8 Plusはさらに重くなったしどうやら今回も望遠側の手振れ補正はなさそうだし、とXとの性能差を見せつけられるとiPhone7をスキップした人が価格の点で妥協して買う製品という感が否めません。
製品の戦略として本当にこれで良かったの?と問いたくなる気持ちにもなりますね。
まあ、それでも熱狂的な信者と買い替え需要に支えられて一応売れはするのでしょうけど、これでさらにシェアが伸びるということはないような気がします。

さて、これまでなんだかんだで毎年新型iPhoneを(時機外れに)買ってきた私ですが、今回も買うかと尋ねられたら例年以上に悩むところ。
自分としてはむしろ新型が出るという噂があるSEにしたいかも、と思ってしまいます。
なぜならiPhoneが一番輝いていた頃のデザインですし、すなわち一番iPhoneらしいと言ってよいと思えてくるのです。サイズも小さくて良いですし。
58mmがあるのとないのでは大違いな7 Plusのカメラには深く満足している私ですが、それならAndroidの方をHuawei P10にすれば良いかなあ、と思い始めて来たのでした。

さて、Xは売れるのでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です