Huawei Mediapad T2 7.0 Proをちょっとレビュー

EveryPhone ACのついでと言ってはなんですが、ちょっと前に購入したHuaweiのタブレットMediapad T2 7.0 Proについて使用感を書きたいと思います。

そもそも、この機種はAndroidのバージョンが5.1であることが示す通り少し前の発売であり、勧められない部分が勧められる部分を上回っていたためにEveryPhoneより以前に購入していながらレビューしていませんでした。
よって、最初に結論を言ってしまうと、この機種はお勧めできません。(笑)
お勧めできない最大のポイントは一部の?Nexus7 2013で見られたような「タッチしたつもりがないのにタッチしたことになってしまう」動作がイラつくことです。

価格コムの評価などを見ればわかる通り、この機種はゴーストタッチが発生することが報告されています。
実は「ゴーストタッチ」が厳密にどのような症状なのかハッキリとはわかっていない自分ですが、もし「タッチしたのと全く別なところにあるボタン等の機能を実行してしまう」と言うのがゴーストタッチなら、それは僕の購入した個体では起こりません。あくまでも指が触れたところが問題になりますが、「スクロールしようとしているのに、ちょっと触った部分がタップしたことになってしまう」と言う症状です。
具体的にはTwitterでタイムラインをスクロールしようと触れた部分の発言がタップされたと認識されて個別表示になってしまう、と言う動きです。
価格コムを読むとゴーストタッチが個体によって発生するしないがあるようなのですが、こんな動きが個体に依存するとは思えず、つまりは自分の個体はゴーストタッチは起こらない。しかし、タッチの誤認識は多々発生するという認識です。

僕がこの機種を購入しようと思った動機としては、携帯するにはスーツの内ポケットにもギリギリ入るサイズで最大の画面をもつ点です。(同じ7インチでもASUSは額縁が広い)
Nexus7 2013は売却してしまったのですが、やはりあのサイズは携帯用には良かったですし、アプリのテスト用にタブレットサイズのものも欲しかったので、事前にレビューを読んでタッチ誤認識もしくはゴーストタッチの欠点は分かっていながらも購入しました。
Nexus7はこれと同様の問題が嫌で(6.0以上にOSアップグレードもないことが分かったので)売却したのですが、それでもあえてサイズを優先してNexus7と同様の問題を抱える機種を購入したのです。(笑)
それくらいこのサイズが「携帯」に良いと言うことです。
理想を言えば、Xperia Z Ultraの6.44インチからZenfone3 Ultraの6.8インチくらいが最も理想に近いと思っていたのですが、残念ながら現行機であるZenfone3 Ultraは価格が高い!ので、お安くなっていたT2 7.0を購入したのでした。

結果としてかなりイラつくのは事実ですが、購入したことを後悔してはいません。
なぜなら用途を限定して使っているからです。
SIMはSo-netの0SIMを入れてますが、ほぼWifiかテザリングで使っていて、主にTEDかPodcast、電子書籍で利用しています。
ほぼ英語学習用途ですね。使い途がかなり限定されているのでマルチな用途で使おうとしていたNexus7よりイラつく頻度が少ないことが幸いしているのだと言う自己分析です。
タッチ認識の悪さの程度についてはNexus7 2013がアップデートの度に少しずつ良くはなって最終的に症状がかなり緩和されたものと比べて同じか悪いくらい。感覚的なものであり、表現するのは難しいですが。

さて、タッチは我慢するとしてここでちょっと良い点悪い点をまとめましょう。

良い点

  • 画面が綺麗
  • 7インチとして比較的軽量小型
  • スピーカーが前面にある
  • 独自機能の二画面(マルチウィンドウ)機能がなかなか使える。
  • 指紋認証がなかなか優れている

悪い点

  • もちろん、タッチ認識の悪さ
  • 表示がタブレット表示ではなくスマホ表示なのでアプリによっては画面が狭く感じる

Huawei独自機能の二画面表示

動作の軽快さ等の基本的なスペック部分は元々ハイスペックを狙っていない端末なので推して知るべしです。
前述の通り携帯性と価格を考えると、機種がほとんど絞られてしまう上での選択です。
お金を出せる人にはZenfone3 Ultraを勧めますし、ポケットに入るほどの携帯性を求めない人には8インチタブレットを勧めます。
というか、片手持ちで(二画面で)電子書籍も読まないし、カバンにいつも入れられる程度の携帯性で良い方には絶対8インチがお勧めです。
僕はiPad mini4も持っているのですが、ポケットに入らないし、電車で片手持ちで電子書籍を読むのは厳しいことを除けば、こいつは最高です。
動画を良く見る人からするとiPad miniの画面比はマイナスかも知れませんが、縦持ちした際の(左右分割)キーボード両手親指打ちの際のバランスは最高です。
Web、Twitter、電子書籍などを閲覧するにも8インチの4:3の縦横比がベストなサイズだと思いますし、薄くて軽量、動作もiOSらしい軽快さで日常使いのマシンとしてこれ以上のものはないと思っています。iPhone、Mac以上に愛しているかもしれません。
PCを持たない人がiPhoneプラスもう一台タブレットが欲しいと思った場合iPadを選択するのでしょうけれど、リビングでタブレットをながら使いするにはiPadは重いですし、毎日携帯するのも8インチが楽です。

なので、僕自身は使ったことがないですが、Androidタブレットも8インチがベストバランスではないでしょうか?
ATOKのようにキーボードの左右分割できるIME導入が条件になるかも知れませんが、Nougatアップデートが予定されているHuawei Mediapad M3(8.4インチですけど)か、ASUS ZenPad 8.0(Z380M)(WiFi専用ですけど)にするべきだと思いますね。

ちょっとのつもりが長くなったので、この辺で。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です