Textwellは超オススメ!

TextwellはiOS及びmacOS用のアプリで、Multipurpose Textboxと表現されていますが、一見したところテキストエディタまたはシンプルなメモアプリに見えます。
しかし、他のエディタにはない特徴を持った、いわば「下書きエディタ」と言っても良いものです。
入力するために先にアプリケーションを選ぶのではなく、まずはいったん入力した文を後からどうするか、拡張可能なアクションと呼ばれる機能から選ぶという思想のアプリです。
メールをするためにメーラーを立ち上げる、つぶやきたいからTwitterを立ち上げる、などと用途によってアプリを起動するのとは逆ですね。

テキストを処理するアクションは最初から多数用意されていますが、スキルがあればJavaScriptで自分の欲しい機能を後から追加することもできます。
最初に登録されているアクションは、例えばEmailへ送ったり、Twitterへ投稿したり、並べ替えや短縮URLを生成したりと書ききれないくらいあります。
せっかくなので、文字列にBullet(・)をつけるアクションを使ってTextwellの持つ他の機能のいくつかを列挙してみます。

• iCloudを使ったMacやiOSデバイス間の同期機能
• Mac、iOSデバイスだけでなくApple Watchとも同期可能
• スナップ機能による保存機能
• 過去の入力内容を呼び出せるヒストリー機能

簡単に中黒(・)が挿入できました。連番の挿入も可能です。

実はTwitterなどでTextwellの存在を知ったのですが、斬新すぎるコンセプトのため、なんだかその正体が掴めず、気になってはいたけれど有料ということもあって購入していませんでした。しかし、"エディターマニア"の自分としては、やはり気になってしばらく前にiOS用アプリを購入してしまいました。
それでもぱっと見使い途が分からず、インストールしてからもしばらく使わずに放置するという勿体無いことをしていました。

そして、ふと使ってみる気になって使い方が分かった時、「素晴らしい!これぞ自分が求めていたアプリだ!」と叫んでしまいそうになったほど感激しました。
恥ずかしながら自分でもAndroid用ですけど、「下書きエディター」のコンセプトでアプリを作りかけてやめたことがありますが、このTextwellはまさにその用途に一致していたばかりでなく、はるかに上を行くコンセプト&機能で作られていました。

しかも、Mac - iPhone - iPad mini - AppleWatchと横断的に覚書を閲覧できるアプリを探していて見つからなかったこともあり、その意味でもiCloudで全て同期してくれるTextwellは希望を叶えてくれました。
僕にとってMac & iOSデバイスのキラーアプリは標準アプリの「メモ」で、今でもそれは変わりませんが、Apple Watchで使えないことが大きな不満の一つでした。そのためちょっとしたテキストを歩いている時にふと見たくなった時に見ることができず残念だったので代わりとなるアプリを探していたのですが、iOS - Apple Watch連携のアプリは結構あってもMacも含めて使えるものがなかったのですよね。

また、普段僕はMacのエディターはemacsを使い、ちょっとした文章を打ったり、ツイートの下書きをする時はemacsのscratchバッファーを使っていますが、コピペでなくもっと簡単にツイートしたい時もありました。頑張ればemacsでもできるかも知れませんが、Textwellは範囲指定するだけで入力文字数も分かりますし、Tweetのアクションボタンを押すだけでTwitterアプリに転送されます。Twitterアプリの狭い投稿入力画面で文字を打つのが嫌な僕にとっては実にツイートが捗る機能です。

これだけでもTextwellは価値あるアプリではありますが、今回この記事で最も強調したいのは、iPhone/iPadとのAirDropを使った連携です。

iOS版のTextwellにしばらく満足していた僕ですが、ふとTextwellのMac版はiOS版でできるように範囲指定した文字列をAirDropで送信できるのでは?と思いました。ちょっとお高く感じていたので、Mac版の購入は躊躇していましたが、先日好奇心に負けてついに購入/インストールしたのです。
予想は見事に的中しました。

このブログ記事をご覧になっているMac&iPhone使いの方はWifiがない環境でMacを使っている時にiPhoneに手軽に入力内容を渡すことができたらと思うことはないでしょうか(僕だけかな?)
例えばMac使用中にiPhoneにメールが届いて返信しなければならない時、テザリングしてMacからメールするほどのこともないし、テザリングするとiPhoneのバッテリーを消費する(気がする)ので接続したくない。しかし、iPhoneで入力するにはちょっと文が長くなるので面倒臭いと言うような時です。

これまでも(対応しているMacなら)AirDropを使えばファイル単位でiPhoneに渡すことはできましたが、一度ファイルに保存が必要です。僕の場合専用のファイルを作ってエイリアスをDockに入れて置いて、そこに入力して保存してからファインダーでAirDrop送信していました。でも、これは結構工程が多いです。Automatorやスクリプトでもっと自動化できないかと思いましたが、かえって面倒なので、やめてしまいました。

それが、Textwellを使えば文字をざっと入力して範囲指定した後AirDropのアクションを使えばすぐにAirDropが起動して送信対象を選択できるのです。※
ここで重要なのは指定範囲だけを送信できると言うこと。Textwellに普段から雑多な内容を書き込んでいても、ちょっと思いついたことや必要な項目だけを送信できるのです。
リアルタイムではありませんが、ほとんど外付けキーボードに近い感覚でiPhoneにデータを渡せるので飛躍的に便利になりました。
よく探せば他にも同様のことができるアプリはあるかも知れませんが、これはものすごく便利です。(iPhoneにTextwellが入っていなくても送信は可能です)

Textwellの難点は有料アプリで、(買ってみるまでは)比較的高額に感じること。特にMac版は僕もしばらく躊躇していたわけですが、実際に使ってみて、価格以上の価値があると感じました。
MacとiOSデバイス、Apple Watchを使っている方には超オススメです!

※追記
ユニバーサルクリップボードに対応した環境であれば、AirDropで送信する必要はなかったですね。

Mac版
https://itunes.apple.com/jp/app/textwell/id905944937?mt=12

iOS版
https://appsto.re/jp/5rwGP.i

公式ページ
http://sociomedia.com/textwell/

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です