現在のAndroid端末

さて、現在のAndroid端末はいつの間にかHuawei P8liteからASUS Zenfone2 Laser(ZE500KL) 5インチに変わっています。
中級機から中級機への変更ということで、こいつは何をやってるんだ?と思われそうですが、一応自分なりの考えがあっての変更です。

そもそも変更しようと思ったのは、実はiPhone7 Plusを買わずに背景ぼかしをしたいな、と思ったことでした。(笑)
P8liteはデフォルトでその機能はなく、Googleカメラも使ってみましたが、二回撮影は面倒です。それならいっそお手軽なお値段で背景ぼかしができるLaserに変えてしまえと思いました。
この時点でiPhone7 Plus購入は決定していましたが、魔が差したというかiPhoneが注文してから1ヶ月くらいかかったので、その間についフラフラと買ってしまったのでした。(笑)
ほぼ性能的に差がないP8liteはドナドナしました。
いや、P8liteとZenfone2 Laserはスペック上あまり差はありませんが、実はP8liteはバッテリーの減りが激しく、何もしないでもごっそり減っていることがあるのに悩まされましたし、カメラは画素数は同じでも使う気になれないレベルでした。
その点Laserは少なくとも何もしないで大きく残量が減っているということはありませんし、バッテリーが交換可能というのも自分にとっては嬉しいポイントでした。というのもPC使用時のルーター代わりに使うことが良くあるので。
ちょっと困ったのは、今度は充電が遅いという点ですが、保ち自体は悪くないので夜中に充電する体制でやってます。

そして、カメラに関しても明確に写りは良いです。青空を撮影すると結構ノイズが乗る点に最初ショックを受けましたが、結構設定で細かく調整できたので、最適化をマニュアルにして、鮮明度を-0.5、ノイズ削減を+2.5にして良い感じになりました。ノイズ削減をこれだけ大きく設定しても解像感にはさほど違いがありません。
時々Laserのカメラを酷くけなしている人がいますが、好みに調整してみれば良いかも知れません。

さて、それで前回に引き続き(?)、背景ぼかしの評価ですが、こちらはiPhoneに比べるとかなり低いです。
ぼかし方が結構いい加減だし、失敗(全くボケない)することも多く、何よりも撮影してから合成が済むまでかなり時間がかかります。背景ぼかしができる距離もかなり限定的ですし、実用にはかなり厳しいかなあと思います。
もちろん、ないよりあった方が良いとは思いますし、Xperiaのカメラのオプション機能などよりはマシなのですが、iPhone7 Plusのように一瞬で合成できるカメラを使ってしまうともうダメですね。
Zenfone3 Laserに期待といったところでしょうか?(バッテリー交換できないので買いませんけど)
でも、前述の通りカメラ自体は悪くないので、満足しています。

なお、以下のケースを気に入って使ってます。ストラップ穴はないですが、マイク穴とUSBポート穴を使ってストラップを使ってます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です