RX100初代とM5発表

bottles

ソニー、1型ポケットカメラ最新機「RX100 V」を海外発表 - デジカメWatch」ですか。
僕がRX100を買ってすぐにM5がでるとか…まあ、全然悔しくないですけど。(笑)

しかし、RX100シリーズは毎年出ますね。
M5の噂を聞いた時、少しだけより望遠になったレンズを搭載することを期待してしまいましたけど、やっぱりそれはなかったですね。(笑)
ただ、AF機能が改善されているとはいえ、外観もレンズも変わらないでM3 - M4 - M5と来ていて、このまま全て併売されても、あまり意味がないような気がしてしまいます。これだったら2年に一度で十分ではないでしょうか?
それに、安くなったRX100こそコストパフォーマンスの観点から神機のように言われますけど、果たしてAPS-C一眼やミラーレス中上位機が買える値段で販売されているのには疑問も感じますねぇ。

ところでRX100を購入した私はといえば、まだ慣れません。
購入以降晴れの日が少なく、また時間もあまりないので。
今現在ちょっと気になったことと言えば、

・妙に手ブレする気がする
・やっぱり動作が遅いかも
・フォーカスエリア変更がメンドくさい
・少しズームしただけで暗くなるということは手ブレするシーンがより増えるということに気づいた

というところです。
手ブレというのは、なぜか何枚か換算70〜100mmくらいで撮って、1/200くらいのシャッタースピードでブレているとしか思えない写真があって首を傾げました。
2000万画素なので気をつけろと言われてしまえばそれまでかも知れませんが、G7 Xではラフに撮ってもこのようなことは起こりませんでした。
もちろん、手ぶれ補正の性能的にも明確な差がありますが、1/200でブレるか?と。

それから、動作の遅さ、主にレンズの収納時のスピードについては分かっていたので我慢しようと思っている部分ではありますが、やはり電源ボタンを押してから数秒後にようやく収納されるという動作はじわじわと嫌になって来ます。一枚撮影後次の撮影ではズームしようとしてもできなくて、プレビュー状態で画面を拡大しようとする動きにもちょっと驚きです。

全体としては「いまだに元カノ(G7 X)が忘れられない」という感じ(笑)ですけど、良い点もあります。
やはりクリエイティブスタイルでコントラスト、彩度、シャープネスを個々に選択できるのは良いですねえ。
この機能によりJPEG撮って出しの白黒はキヤノンよりずっといい感じに仕上がるような気がします。(笑)
画質そのものも、ハマればG7 Xと比較にならないすごく良い感じの絵がでるような気がしますが、まだよく分かりません。

いずれにしてももう戻れぬ道、長い目で見て使っていくしかないですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です