SEOは難しい

mono_sakura

キヤノンPowerShot G7 Xシリーズの後ピン問題について、今後このシリーズを購入する人のためにもっと広めなければと思っています。
このブログ自体この問題について愚痴をぶちまける目的でやってきたようなものですが、ほとんど閲覧者がいないこの場所でいくら騒いだところで何の足しにもならないですよね。

そのため、一応SEOも意識してアクセス数をアップさせようとは思っているのですが、なかなかうまくいきませんねえ。
さきほど「キヤノン G7 X 後ピン」でググってみたらさすがに1ページ目に出るようになりましたが、ちょっと前までこのそのものズバリなキーワードでも3ページ目くらいにようやく表示される程度でした。
SEOの手法などを調べるとキーワード出現率を高くすることで効果があるとかないとか書かれているのを目にしますが、キーワードを詰め込むにも限度がありますし、これだけ後ピンのことについて書いても大して効果があったように思えません。
さりとて、普通?のブログで検索上位に食い込むにはどうしたら良いのか正直分かりません。
ブログ全体を押し上げるようにするしかないのかな、とも思って色々書いているのですけど、効果はハッキリしませんねえ。

ただ、よく考えてみたら、「G7 X」と「後ピン」でググる人なんていませんよね。
G7 Xのレビュー記事で上位に食い込まないと難しいですね。
とはいえ、G7 Xは生産終了品で、これからMark2を買う人向けに啓蒙していかなければならない訳です。
(そんなわけで自分にとっての禁断の手法(笑)を行いました。この件はまた後日お話しすることになると思います)

しかし、個人的にこの情報を広めることに問題があると思うのは、すでに購入してしまった人を残念な気持ちにしてしまうということですね。
だから自分でやりたくなかったのですが、キヤノンさんがやる気がないのであれば「これから購入する人のために」自分がやるしかないよな、と幼稚かも知れない義侠心から行ってます。
こんなことをやっても自分としては時間の損失をするばかりなのですけどね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です