iPhoneのコンバージョンレンズ

dscn0195デュアルレンズ搭載のiPhone7 Plusの登場は衝撃的でした。
いずれ来ることは予想されていたスマホカメラの焦点距離の拡張ですが、過去に例がなかった訳ではないけれど、iPhoneが採用したことで今後本格化することになると思います。
でも、Plusだけというのは残念でしたねえ。
そんな中タイムリーな製品と記事を見つけました。
デジカメWatchの「あの「ZEISS純正」iPhone用コンバージョンレンズに、テレとマクロが登場
これならiPhone6/6sシリーズでも使えますし、iPhone7にも対応が示唆されていますね。
画質も大きく崩れることはないようです。
Amazonではまだテレとマクロは販売されていないみたいですけど、

iPhone6用としてテレもセットになった非カール・ツァイス版のものはすでに販売されていますね。

いずれテレが販売されたら以前のテスト結果「エントリーコンデジとスマホのカメラ、画質対決」でも明らかなように、すでに画質で追い抜いているケースがあることを考えると、iPhone7 Plusを買わない人はこのコンバージョンレンズを買えばOKと思えるかも知れません。

僕としては大型のスマホを好まないので、来年のiPhone7s?では是非7 Plusのテレレンズをサポートして欲しいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です