ニコン COOLPIX A300 ファーストインプレッション

DSCN0067

開封レビューの続きで、今度は使ってみた感想を述べたいと思います。



さて、購入報告の時に初期不良かも知れないと書きましたが、どうやらそうではなかったようです。
症状としては電源を切っても電源ランプがつきっぱなしになるというもの。
サポートに電話をかけてみたところ、設定クリアを案内されて一時的に回復。再現したら不具合と言われたのですが、どうやらスマホと接続していると電源を切っても電源ランプがついているようです。
試しにスマホを機内モードにしたところランプは消えました。
同じ現象の人がいるか調べたところ、やはりいました。
http://blog.fonland.net/2016/05/snapbridge.html

とりあえず機械的な不具合でないのは確定ですね。
もう一度サポートに聞いてみたいと思います。

さて、本題のA300のファースト・インプレッションです。
ニコンのカメラは初めてなので詳しくありませんが、価格帯からすると意外と使える機能が揃っている印象。
露出補正やAFエリア選択可能なのはエントリー機では多分少数派なのではないかと思います。
それから将来的には白黒専用機として持ち歩くかも知れませんが、期待する性能としてはiPhoneと同等以上の画質であって欲しいと思います。
スマホのカメラでは望遠で撮れずに物足りないので、コンデジで素早く撮影して、意識することなくSnapBridgeの機能でGoogle Photosなどに写真をアップロードするという目的を達するのに、コンデジがiPhone以下の画質だったらあまり意味ないので。
iPhoneを大きく凌駕する必要はないので、少なくとも大きく劣らないで欲しいなと思います。

画質はサンプルが揃うまでもう少し時間が必要なので次回回しですが、軽い、小さい、SnapBridge機能以外に気に入った点、不満な点を列挙してみたいと思います。
すべて価格で割り切った感想ですので、評価は甘めです。

気に入った点
・電源を切る前の設定を覚えていてくれる(常に彩度を落とした白黒モードで撮影可能)
・露出補正が割とすぐにできる(メニューに降りることなく十字キー右側ですぐに補正画面になる)
・思ったよりは寄れる
不満な点
・水準器とは言わないが、グリッドは表示できたら良かった
・デザイン自体は悪くないが、やはり安っぽいのは否めない。主に裏側のプラスチッキー感。
・レンズを繰り出すモーターの音が少々うるさい
・コントラストが低い被写体でAFが合いにくい
・モニター画質はかなり低品質
・USB充電できるのは良いが、スマホのMicro USBケーブルの使いまわしができない

動作速度の評価は難しいです。電源オンから撮影可能になるまでは、モニターの準備が追いつかないことがあったり、一枚撮影してモードを変えようとした時など書き込み中で待たされるなど、ところどころで遅いことがあります。値段からすると十分とも言えますが、素早くスナップするのには少々問題があるかも知れません。
でも、この軽さとサイズなら常に持ち歩けるので、今のところは十分満足しています。
問題の画質とSnapBridgeについては、サンプルが揃ったら報告したいと思います。

スポンサーリンク

ニコン COOLPIX A300 ファーストインプレッション”に関する1件のコメント

  1. ピングバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です