カメラ選びの悩みは続くよ

mono_rose

昨日の続きです。
何もどうしてもカメラを追加で買わなければならない訳ではないのですが、G7 Xの後ピン問題による喪失感が新しいカメラへの欲求となってしまっているのだろうと自己分析します。
結果としてG7 Xの代わりそのものを現段階で見つけることができないのは前回書いた通りで、補充的に買うなら安くて、しかも"軽い"ものが欲しいと思います。

軽いのが欲しいというのは、かつてPowerShot G16のかさ張るボディと重さが、持ち出す回数を減らしているためにより小さいG7 Xを選んだという経緯があるのですが、結局G7 Xもかなり重かった。
G16の装備重量356gに対してG7 Xの装備重量304g。少し軽いし、1インチセンサーだから仕方ないと購入時は思ってましたが、ちょっと荷物が増えた時に300gを超えたものを持ち歩くのは意外としんどいです。
その反動もあって、軽くていつでもポケットに入れて置けるカメラが欲しいという気持ちはG7 Xの購入直後からありました。
G9 Xが発売されてからは、ずっとG9 Xの価格情報を追っていたし、G7 Xの後ピン問題が確定した直後はG9 Xに同じ問題がなければ買い換えようとさえ思っていましたが、結局軽微とはいえ同じ問題があるとのことで断念。

ところでしつこいようですが、それにしてもどうしてG7 Xのユーザーの皆さんはこの後ピン問題について騒がないんでしょうか?
ピントの歩留まりではなく、僕が試す限り100%発生する問題です。
元々マクロ域の描写があまいから使わないのかも知れませんが、絞れば致命的なほど使えない訳ではありません。(というか意外とボケるので絞り気味にしないとだめですね)
僕としては購入直後からこのピントに違和感を感じていましたが、誰も気づかないなんてことないと思うんですけどね。
まあ、ピントが「抜ける」んだと勘違いしている人が結構いるかも知れないというのはあるかも知れません。僕も最初はそう思ってましたから。
しかし、気にする人がいようがいまいが、キヤノンさんにはこの問題を公式に表明して欲しいところです。
やはりこの問題はM社の燃費偽装となんら変わりませんよ。ライバル機に対してより接写が可能だと思わせている点において、作為的にやっているとしか思えません。
告知して欲しいという要望はサポートセンターに出しているので、いずれこの件についての公式な回答が来るはずですが、結構時間がかかってますね。そろそろ督促してみた方が良いかも知れません。
でも、その回答が来るまでは一応G7 Xユーザーでいた方が良いかも知れないな、というのもG7 Xの即時売却に走らない理由です。

と、本題を外れてしまいましたが、現在第一候補のニコンのA300、迷うほどの金額でもないのですが、まだ買ってません。
やっぱり画質からすると最低1/1.7センサーがいいよなあ、などと迷いも生じています。
それにやはり1インチセンサーは接写自体に無理があることを考えると、実は画質とのバランスで1/1.7がコンデジとしてはベストな選択なのかも知れません。
すでに現役の機種がほとんど死滅状態なのでちょっと古い機種を入れても選択肢に限りがあるのが残念です。

でも例えば、値段はまったく折り合わないけど、ライカC typ112とかカッコいいですよね。

まあ、中身はパナソニックのLF1なんですが。

キヤノンのS200という選択肢もないではないですが、今はキヤノン製品を買う気にはあまりなれません。

ということで、迷い始めれば切りがなく、何も買えない状態になるのですが、もうしばらく悩むかも知れませんし、この後サクッとA300を買っているかも知れません。
さて、どうなることやら。

スポンサーリンク

カメラ選びの悩みは続くよ”に関する1件のコメント

  1. ピングバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です