発熱の少ないノートPCが欲しい

現在ほとんどの作業をMacBook Airを使ってやっています。
でも、夏になると発熱で暑いし、ファンの音もうるさい。
そこで、夏限定で発熱が少ないノートPCが切実に欲しくなりました。

ただし、あくまで一時的な話です。
主力はMacであることは外せません。
理由としては
・iPhone/iPad miniとの連携が抜群であり、「メモ」は自分にとってキラーアプリなので。
・エディター大好き人間にとってMacに移行した当初良いテキストエディターがないことが死活問題だったのですが、emacsを使い始めてからどっぷりはまって抜け出せません。なおかつMacはemacsライクなキーアサインがほぼOS全体で使用可能なので快適すぎるほど。
・スポットライトと辞書機能が最初からビルトインされていること。英語の勉強などに欠かせない。
というところなのですが、これらはほぼ譲れない機能。特にほぼOS全体でカーソルキーを使わずにemacsライクなキー操作ができる点が最高ですね。
OSXはバグがひどくてちっとも直らないことが多いし、Safariが頻繁に落ちるのは最悪だと思いますが、欠点を補って余りある上記の利点から手放せません。
そうなるとMacBook 12インチも候補の一つではありますが、高いし、キーボードが浅いし、ファンがないだけでやはり熱いらしいということで、候補外です。
使っているとファンに埃がたまって熱くなるそうで、Airを買い換えるという選択肢もありますが、夏は最初から熱くなっていたと思うので、新品もさほど違わないと思います。ファンの掃除という方法もあるようですが、面倒だし、同様に劇的な効果があるかどうか自分としては懐疑的です。
ちなみに持ち運べることと、デスクトップでの作業が苦手なのでノート以外の選択肢はありません。
そのため、現在のところ選択肢としてはWindowsの2in1のタブレットが最有力。
少なくともキーボードが発熱しないので、熱の点では問題がなくなります。AndroidタブレットemacsどころかBracketsも使えないし、Inkscape、gimpといった主力ツールが使えません。そうなるとWinタブなのかな、と。
あくまで一時的に使うものなのでとりあえず価格が安いことも大前提。ですが、Windows10だとメモリは4GBあったほうが良さそう。でも、4GB積んでいる安めのWinタブはあまりない。
探した中で最有力はASUSのTransbook T100HAだったのですが、microSDカードを挿すとはみ出して脱落しそうだとか。
うーん、これは困った。
などと考えているうちに猛烈にChromebookが欲しくなってきました。
ASUSのChromebook flipはあまり発熱しないとか。
それにAndroid対応になるということで、興味があるし、何よりあまり人が使っていないものですからロマンがありますよね。(笑)
でも、一応AndroidStudioがインストールできるという可能性は担保しておきたいし、Chromeアプリだけでの作業はかなり厳しそう。エディタ好きの自分には良いエディタがなさそうなのも萎えるポイント。
しかし、Chromebook欲しい病はどんどん高まってくるのでした。さて、どうなるでしょう?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です