Canon PowerShot SX710 HS勝手にレビュー

PowerShot G7 Xの点検(修理?)が長期化しているので、キヤノンさんがSX710を貸してくれました。
「1/1.7インチセンサーからがカメラ」と思っている自分としては1/2.3インチセンサーのカメラにはあまり興味がないのですが、一度高倍率ズームの機種も使ってみたいなと思い、借りることにしました。
そこで、借り物でなんですが、せっかくなのでレビューしてみようかな、と思います。

IMG_0431.jpg
まず外観。
質感は価格を考えると特に悪くはないですが、個人的には前から見て頭が半分盛り上がったようなデザインが好きではありません。
もし自分で購入するとしたら後継機のSX720のスクエアなデザインの方が好きです。
モード切り替えダイヤルが背面操作パネル側にあるというのが、斬新というか一風変わっていますね。
携帯性もズーム比を考えると悪くないですが、いつでも持っていられるかというと考えてしまうレベルなので、一言で言うと「普通」。
操作系に関しては、いつもの慣れているキヤノンなので自分としてはほとんど迷うことはありませんでした。
でも、S95などは露出補正時にダイヤルでも左右ボタンでも値を変更できたと思うのですが、ダイヤルでのみ変更可となっていたのに違和感を感じました。
ズーミングの速さは高倍率にしてはそこそこ速いので、イライラはしません。
光学最大望遠の35mm換算750mmにして手持ちで撮影しても、手振れ補正がよく効いているので思った以上にぶれずに撮影可能なのは感心しました。
画質は……1/2.3インチとしては悪くないんでしょうけど、まあこんなもんなんでしょうね。
ちなみにiPhone6sと比較してみました。上がSX710、下がiPhone6sです。
生憎の曇天ですが、等倍で見なければパッと見、あまり違いを感じません。
sx710.jpgiPhone6s.jpg
しかしながら、この手のカメラが本領を発揮するポイントは、あくまで望遠でしょう。
そのダイナミックな望遠比は、使っていて一番面白く感じるところです。
ただ、光学最大望遠でも手ぶれの振り幅の大きさとピンポイントな撮影範囲で、正直何を撮っているか分からなくなるので、やはりこの望遠比のカメラにはファインダーがいるのではないかと思いました。
そうなるとコンパクトでなくなりますがね。
(同じ場所で撮影。上が広角端、下が望遠端)
IMG_1141.JPGIMG_1142.JPG
結論として、超望遠が面白いのは確かですが、自分で買うとしたら1万円くらいで買えるのなら持っていてもいいかなあ、というレベルに感じました。
撮影したら必ず現像する訳ではありませんが、やはりRAW撮影できないとなんとなく物足りない感じがしますし、何よりも画質は1/2.3を逸脱するものでもありません。
やはり1/2.3インチセンサーはスマホのカメラと大差ないものとして、このような高倍率ズームなどの特徴あるものしか生き残れないのは必然なのでしょうね。
もちろん、画質重視でなくメモ用カメラとしてなら、使い勝手も良いし、それなりによく写って破綻のない作りなのでお勧めです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です