G7Xを点検に出した結果

某エディタのプラグイン的なAndroidアプリを2+1個リリースしようと無謀なことをしているので、更新が滞っていますが、PowerShot G7Xについてどうしても書きたいことがあるので、ここで更新します。
実は先日G7Xをキヤノンに点検に出しました。
というのも、以前から近接撮影でピントが合わないと感じていたのを、実際にテストしてみて衝撃的なことが分かったからでした。

50mm_h.jpg
最初の写真は35mm換算50mmくらいのズーム位置でほぼ最短撮影距離で撮った写真です。
ピントが1.5cmから2cmくらいのところに合っているように思えないでしょうか?
いや、自分にはそう見えます。
たまたまではなく、100%再現するので、やはりこれはおかしいと思ってサービスセンター経由で点検に出しました。
写真は同じではありませんが、ピント位置が分かる写真をつけてです。
ところが、帰ってきて修理内容をみると、「ご指摘の現象は確認できませんでした」とのこと。
一応光学ユニットを交換してくれたとのことなのですが、撮影してみると以前と変化なし。
かなり明確にピントが後ろにずれているように思うのですが、再現しないというのはなぜだろうと思いました。
そこでよくよく考えて再度テスト撮影すると、この現象は望遠端の換算100mmでは起こらないというか目立たないのです。
次の写真をご覧ください。
100mm.jpg
少し後ピンではあると思いますが、ピントは0cmで合っているといえば、納得できないこともありません。
そう考えると点検してくださったキヤノンの担当の方は望遠端だけで確認したのではないかと疑念が生じます。
Exif情報は伝わっているはずなので、少々考えにくいことですけど。
まあ、でも修理自体はこれ以上なんともしてくれないのだろうな、ということは納得済みです。
今後は問題が発生する50mm〜70mmくらいの焦点距離で寄らなければ良いのでしょう。
しかし、花などを撮影するのが好きな自分としては少々納得がいきません。
しかも、これが「仕様」だとして、次機種のMK2にも引き継がれたら、洒落になりません。
8万くらいする高価なカメラでこのピントというのは買った人は納得がいかないでしょう。
そんな訳で再度今度はメールでキヤノンに問い合わせてみましたが、納得が行く答えが出るでしょうか?
少なくとも僕のG7Xは改善が期待できないので、早期売却を考え始めましたが、僕の欲するスペックを満たした他社製カメラがありません。
G9Xは欲しいですが、また同じ結果になることが怖いですしね。
とりあえずキヤノンのメールサポートの回答を待って考えたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です